イエスの十字架

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:谷麻理 執事
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2016.01.31

マルコによる福音書 15:16-32

16. 兵士たちはイエスを、邸宅、すなわち総督官邸の内に連れて行き、全部隊を呼び集めた。
17. そしてイエスに紫の衣を着せ、いばらの冠を編んでかぶらせ、
18. 「ユダヤ人の王、ばんざい」と言って敬礼をしはじめた。
19. また、葦の棒でその頭をたたき、つばきをかけ、ひざまずいて拝んだりした。
20. こうして、イエスを嘲弄したあげく、紫の衣をはぎとり、元の上着を着せた。それから、彼らはイエスを十字架につけるために引き出した。
21. そこへ、アレキサンデルとルポスとの父シモンというクレネ人が、郊外からきて通りかかったので、人々はイエスの十字架を無理に負わせた。
22. そしてイエスをゴルゴダ、その意味は、されこうべ、という所に連れて行った。
23. そしてイエスに、没薬をまぜたぶどう酒をさし出したが、お受けにならなかった。
24. それから、イエスを十字架につけた。そしてくじを引いて、だれが何を取るかを定めたうえ、イエスの着物を分けた。
25. イエスを十字架につけたのは、朝の九時ごろであった。
26. イエスの罪状書きには「ユダヤ人の王」と、しるしてあった。
27. また、イエスと共にふたりの強盗を、ひとりを右に、ひとりを左に、十字架につけた。
28. 〔こうして「彼は罪人たちのひとりに数えられた」と書いてある言葉が成就したのである。〕
29. そこを通りかかった者たちは、頭を振りながら、イエスをののしって言った、「ああ、神殿を打ちこわして三日のうちに建てる者よ、
30. 十字架からおりてきて自分を救え」。
31. 祭司長たちも同じように、律法学者たちと一緒になって、かわるがわる嘲弄して言った、「他人を救ったが、自分自身を救うことができない。
32. イスラエルの王キリスト、いま十字架からおりてみるがよい。それを見たら信じよう」。また、一緒に十字架につけられた者たちも、イエスをののしった。