肉の願うことと、聖霊の実

  • 説教:郭恩珠 牧師
  • 手話:谷麻理 執事
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2017.09.24

カラテヤ書5:16-26

16. わたしは命じる、御霊によって歩きなさい。そうすれば、決して肉の欲を満たすことはない。
17. なぜなら、肉の欲するところは御霊に反し、また御霊の欲するところは肉に反するからである。こうして、二つのものは互に相さからい、その結果、あなたがたは自分でしようと思うことを、することができないようになる。
18. もしあなたがたが御霊に導かれるなら、律法の下にはいない。
19. 肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、
20. 偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、党派心、分裂、分派、
21. ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。わたしは以前も言ったように、今も前もって言っておく。このようなことを行う者は、神の国をつぐことがない。
22. しかし、御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、
23. 柔和、自制であって、これらを否定する律法はない。
24. キリスト․イエスに属する者は、自分の肉を、その情と欲と共に十字架につけてしまったのである。
25. もしわたしたちが御霊によって生きるのなら、また御霊によって進もうではないか。
26. 互にいどみ合い、互にねたみ合って、虚栄に生きてはならない。