権威ある新しい教え

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:谷麻理 執事
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2018.10.07

マルコ福音書 1:21~28

一行は カファルナウム に 着いた. イエス は, 安息日に 會堂に 入って 敎え 始められた.
人はその 敎えに 非常に 驚いた. 律法學者のようにではなく, 權威ある 者としてお 敎えになったからである.
そのとき, この 會堂に 汚れた 靈に 取りつかれた 男がいて 叫んだ.
「ナザレ の イエス , かまわないでくれ. 我¿を 滅ぼしに 來たのか. 正體は 分かっている. 神の 聖者だ. 」
イエス が, 「默れ. この 人から 出て 行け 」とお 叱りになると,
汚れた 靈はその 人にけいれんを 起こさせ, 大聲をあげて 出て 行った.
人¿は 皆驚いて, 論じ 合った. 「これはいったいどういうことなのだ. 權威ある 新しい 敎えだ. この 人が 汚れた 靈に 命じると, その 言うことを 聽く. 」
イエス の 評判は, たちまち ガリラヤ 地方の 隅¿にまで 廣まった.