主日礼拝の精神(2019.10.06)

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:谷麻理 執事
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2019.10.06

マルコによる福音書 2:23-28

ある 安息日のこと, イエス は 麥畑の 中を 通って 行かれた. すると, 弟子たちが 道¿穗を 摘み 始めた.
すると, パリサイ 人たちが イエス に 言った. 「ご 覽なさい. なぜ 彼らは, 安息日なのに, してはならないことをするのですか. 」
イエス は 彼らに 言われた. 「ダビデ とその 連れの 者たちが, 食物がなくてひもじかったとき, ダビデ が 何をしたか, 讀まなかったのですか.
アビヤタル が 大祭司のころ, ダビデ は 神の 家にはいって, 祭司以外の 者が 食べてはならない 供えの パン を, 自分も 食べ, またともにいた 者たちにも 與えたではありませんか. 」
また 言われた. 「安息日は 人間のために 設けられたのです. 人間が 安息日のために 造られたのではありません.
人の 子は 安息日にも 主です. 」