エリムに行く道(2020.01.05)

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:餘永 姉妹
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2020.01.05

出エジプト 15:22-27

モ ― セ は イスラエル を 葦の 海から 旅立たせた. 彼らは シュル の 荒野へ 出て 行き, 三日間, 荒野を 步いた. 彼らには 水が 見つからなかった.
彼らは マラ に 來たが, マラ の 水は 苦くて 飮むことができなかった. それで, そこは マラ と 呼ばれた.
民は モ ― セ につぶやいて, 「私たちは 何を 飮んだらよいのですか. 」と 言った.
モ ― セ は 主に 叫んだ. すると, 主は 彼に 一本の 木を 示されたので, モ ― セ はそれを 水に 投げ 入れた. すると, 水は 甘くなった. その 所で 主は 彼に, おきてと 定めを 授け, その 所で 彼を 試みられた.
そして, 仰せられた. 「もし, あなたがあなたの 神, 主の 聲に 確かに 聞き 從い, 主が 正しいと 見られることを 行ない, またその 命令に 耳を 傾け, そのおきてをことごとく 守るなら, わたしは エジプト に 下したような 病氣を 何一つあなたの 上に 下さない. わたしは 主, あなたをいやす 者である. 」
こうして 彼らは エリム に 着いた. そこには, 十二の 水の 泉と 七十本のなつめやしの 木があった. そこで, 彼らはその 水のほとりに 宿營した.