ひとり子なる神(2020.03.01)

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:餘永 姉妹
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2020.03.01

ヨハネによる福音書 1:14-18

ことばは 人となって, 私たちの 間に 住まわれた. 私たちはこの 方の 榮光を 見た. 父のみもとから 來られたひとり 子としての 榮光である. この 方は 惠みとまことに 滿ちておられた.
ヨハネ はこの 方について 證言し, 叫んで 言った. 「『私のあとから 來る 方は, 私にまさる 方である. 私より 先におられたからである. 』と 私が 言ったのは, この 方のことです. 」
私たちはみな, この 方の 滿ち 滿ちた 豊かさの 中から, 惠みの 上にさらに 惠みを 受けたのである.
というのは, 律法は モ ― セ によって 與えられ, 惠みとまことは イエス · キリスト によって 實現したからである.
いまだかつて 神を 見た 者はいない. 父のふところにおられるひとり 子の 神が, 神を 說き 明かされたのである.