イエスは人を知っておられる(2020.03.22)

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:谷麻理 執事
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2020.03.22

ヨハネによる福音書 2:23-3:3

イエス が, 過越の 祭りの 祝いの 間, エルサレム におられたとき, 多くの 人¿が, イエス の 行なわれたしるしを 見て, 御名を 信じた.
しかし, イエス は, ご 自身を 彼らにお 任せにならなかった. なぜなら, イエス はすべての 人を 知っておられたからであり,
また, イエス はご 自身で, 人のうちにあるものを 知っておられたので, 人についてだれの 證言も 必要とされなかったからである.
さて, パリサイ 人の 中に ニコデモ という 人がいた. ユダヤ 人の 指導者であった.
この 人が, 夜, イエス のもとに 來て 言った. 「先生. 私たちは, あなたが 神のもとから 來られた 敎師であることを 知っています. 神がともにおられるのでなければ, あなたがなさるこのようなしるしは, だれも 行なうことができません. 」
イエス は 答えて 言われた. 「まことに, まことに, あなたに 告げます. 人は, 新しく 生まれなければ, 神の 國を 見ることはできません. 」