満ち足りている喜び(2020.05.10)

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:谷麻理 執事
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2020.05.10

ヨハネ福音書 3:22-30

その 後, イエス は 弟子たちと, ユダヤ の 地に 行き, 彼らとともにそこに 滯在して, バプテスマ を 授けておられた.
一方 ヨハネ も サリム に 近い アイノン で バプテスマ を 授けていた. そこには 水が 多かったからである. 人¿は 次¿にやって 來て, バプテスマ を 受けていた.
ヨハネ は, まだ 投獄されていなかったからである.
それで, ヨハネ の 弟子たちが, ある ユダヤ 人ときよめについて 論議した.
彼らは ヨハネ のところに 來て 言った. 「先生. 見てください. ヨルダン の 向こう 岸であなたといっしょにいて, あなたが 證言なさったあの 方が, バプテスマ を 授けておられます. そして, みなあの 方のほうへ 行きます. 」
ヨハネ は 答えて 言った. 「人は, 天から 與えられるのでなければ, 何も 受けることはできません.
あなたがたこそ, 『私は キリスト ではなく, その 前に 遣わされた 者である. 』と 私が 言ったことの 證人です.
花嫁を 迎える 者は 花¿です. そこにいて, 花¿のことばに 耳を 傾けているその 友人は, 花¿の 聲を 聞いて 大いに 喜びます. それで, 私もその 喜びで 滿たされているのです.
あの 方は 盛んになり 私は 衰えなければなりません. 」