非人格と人格(2020.10.04)

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:餘永 姉妹
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2020.10.04

ヨハネによる福音書 8:1-11

イエス は オリ ― ブ 山に 行かれた.
そして, 朝早く, イエス はもう 一度宮にはいられた. 民衆はみな, みもとに 寄って 來た. イエス はすわって, 彼らに 敎え 始められた.
すると, 律法學者と パリサイ 人が, 姦淫の 場で 捕えられたひとりの 女を 連れて 來て, 眞中に 置いてから,
イエス に 言った. 「先生. この 女は 姦淫の 現場でつかまえられたのです.
モ ― セ は 律法の 中で, こういう 女を 石打ちにするように 命じています. ところで, あなたは 何と 言われますか. 」
彼らは イエス をためしてこう 言ったのである. それは, イエス を 告發する 理由を 得るためであった. しかし, イエス は 身をかがめて, 指で 地面に 書いておられた.
けれども, 彼らが 問い 續けてやめなかったので, イエス は 身を 起こして 言われた. 「あなたがたのうちで 罪のない 者が, 最初に 彼女に 石を 投げなさい. 」
そして イエス は, もう 一度身をかがめて, 地面に 書かれた.
彼らはそれを 聞くと, 年長者たちから 始めて, ひとりひとり 出て 行き, イエス がひとり 殘された. 女はそのままそこにいた.
イエス は 身を 起こして, その 女に 言われた. 「婦人よ. あの 人たちは 今どこにいますか. あなたを 罪に 定める 者はなかったのですか. 」
彼女は 言った. 「だれもいません. 」そこで, イエス は 言われた. 「わたしもあなたを 罪に 定めない. 行きなさい. 今からは 決して 罪を 犯してはなりません. 」〕