幕屋からの教え(2021.01.24)

  • 説教:鄭有盛 牧師
  • 手話:谷麻理 執事
  • 教会:東京東部教会
  • 日時:2021.01.24

ヘブル人への手紙 9:1~11, 出エジプト記 25:8~9

【ヘブル人への手紙 9:1~11】 初めの 契約にも 禮拜の 規定と 地上の 聖所とがありました. 幕屋が 設けられ, その 前部の 所には, 燭台と 机と 供えの パン がありました. 聖所と 呼ばれる 所です. また, 第二の 垂れ 幕のうしろには, 至聖所と 呼ばれる 幕屋が 設けられ, そこには 金の 香壇と, 全面を 金でおおわれた 契約の 箱があり, 箱の 中には, マナ のはいった 金のつぼ, 芽を 出した アロン の 杖, 契約の 二つの 板がありました. また, 箱の 上には, ·罪蓋を 翼でおおっている 榮光の ケルビム がありました. しかしこれらについては, 今いちいち 述べることができません. さて, これらの 物が 以上のように 整えられた 上で, 前の 幕屋には, 祭司たちがいつもはいって 禮拜を 行なうのですが, 第二の 幕屋には, 大祭司だけが 年に 一度だけはいります. そのとき, 血を 携えずにはいるようなことはありません. その 血は, 自分のために, また, 民が 知らずに 犯した 罪のためにささげるものです. これによって 聖靈は 次のことを 示しておられます. すなわち, 前の 幕屋が 存續しているかぎり, まことの 聖所への 道は, まだ 明らかにされていないということです. この 幕屋はその 當時のための 比喩です. それに 從って, ささげ 物といけにえとがささげられますが, それらは 禮拜する 者の 良心を 完全にすることはできません. それらは, ただ 食物と 飮み 物と 種¿の 洗いに 關するもので, 新しい 秩序の 立てられる 時まで 課せられた, からだに 關する 規定にすぎないからです. しかし キリスト は, すでに 成就したすばらしい 事がらの 大祭司として 來られ, 手で 造った 物でない, 言い 替えれば, この 造られた 物とは 違った, さらに 偉大な, さらに 完全な 幕屋を 通り,

【出エジプト記 25:8~9】 彼らがわたしのために 聖所を 造るなら, わたしは 彼らの 中に 住む. 幕屋の 型と 幕屋のすべての 用具の 型とを, わたしがあなたに 示すのと 全く 同じように 作らなければならない.